読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元うごメモラー・ニンテンドウの日常

テスト期間なため、12/9まではテキトーにやります。スミマセン。

日記1393 (食)(雑) 2016.11/25(金)

日記

クリスマスまでまる1ヶ月じゃないですかー。どうも、妖怪「ぼっちー」の進化形の「クリぼっちー」です。
日記1340(http://yuya0523.hatenablog.com/entry/n1340)では、「卓球男子ダブルス床の部」とかいうふざけた競技を生み出してしまったとかほざいてましたが、それさえも飽きてしまい、卓球ラケットを3枚立てて、反対側から球を打ち、先に倒した人が勝ちみたいな糞ゲーを生み出してしまった。競技名は「アーチェリー男子卓球の部」だとか・・・。もはや卓球じゃねーじゃん!f:id:yuya0523:20161125212231j:image

--------------------
〜今日のテーマ〜
①「地域限定スナック菓子って当たりハズレが激しい」(食)
②「(鼈甲飴列伝!)#1血の鼈甲飴」(中)
--------------------
(地域限定)コイケヤポテトチップス・のり醤油を食べてみた。ちなみにうちにあったものを適当に拾っただけなため、どこの地方なのかどころかどこの店で買ったのかすら知らない。(スミマセン・・・。)
とても香ばしく、クセになる味でした!(つーか最近こればっかり言ってねーか!?・・・いや、スナック菓子の食レポは難しいんだ。勘弁してくれ・・・。)
とにかく美味かったです。是非食べてみてください!(どこに売ってんだろうね笑)f:id:yuya0523:20161125212240j:imagef:id:yuya0523:20161125204401j:image
--------------------
「血の鼈甲飴」・・・。
確かに食紅in鼈甲飴はこう呼ばれていた。しかし、それ以前に本物の血の鼈甲飴を誕生させてしまったあるエピソードをお送りしよう。
僕に鼈甲飴を伝えてくれた科学部前前前前部長の先輩は、砂糖水を入れたおたまを温度計でかき回していた。そして、はじめ俺と信吾は教わった通り温度計でかき回して作ることになった。しかし、ここで信吾は200°c計を、俺は100°c計を使った。この後、悲劇は起こる・・・。
当然、熱していくうちにおたまの中の温度は100°cを超える。すると、100°cまでしか測れない100°c計は使いもんにならなくなる。それだけではない。温度計の中の赤液が中から外へ圧力をかけ続ける。いずれ耐えられなくなり、ガラスが破裂する。僕はそれを知らず作り続けた。
そして時は来た・・・。
バリーーーン!!
温度計が破裂した!それどころか赤液が飛び散った!怪我人はいなかった。しかし・・・!
たまたま近くにいた友人のジャージに赤液がかかった!やってもうた!これがやらかし副部長ニンテンドウのやらかし史の起源だった。
当然床、机にも赤液は大量に飛び散った。悲惨だった・・・。人はこれを「血の鼈甲飴事件」と呼んだ・・・。
そう、食紅in鼈甲飴はこの事件を象徴する鼈甲飴として、皆にはあまり好かれなかった。いや、一番好かれなかった理由は作りづらい、すなわちミルキー状になりやすい所だったが、皆の記憶には今でもこの事件のことは生々しく脳にやきついていることだろう・・・。
--------------------
←前作 日記1392
(http://yuya0523.hatenablog.com/entry/n1392)
①「勉強してるとスナック菓子が欲しくなる」(食)
②「ピコ太郎って本当に面白いのか?」(雑)

→次作 日記1394
(http://yuya0523.hatenablog.com/entry/n1394)
①「なんだかんだでカップ麺」(食)
②「(鼈甲飴列伝!)#2女子にズタボロにされた過去」(中)